2017/11/09

『アンドレ・バザン研究』第1号 頒布終了のお知らせ

 『アンドレ・バザン研究』第1号はこのエントリーに記載の通り、希望者に実費で頒布しておりましたが、好評につき残部がほぼ尽きましたので、本日をもって頒布を終了いたします。今後、増刷の予定もありません。

 なお、第1号は国会図書館には所蔵されています(こちらを参照)。主要な大学図書館、および映画研究関係の研究室にも送付しておりますが、オープンな形での登録・配架にまで至っているのは、現時点では名古屋大学附属図書館だけのようです(こちらを参照)。

 現在、2018年度末の刊行に向けて、第2号も鋭意製作中ですので、どうぞご期待ください。

(J.H.)

2017/08/13

アンドレ・バザン関連書籍の書評(転載)

 2015年は、アンドレ・バザン『映画とは何か』の新訳(野崎歓・大原宣久・谷本道昭訳)が岩波文庫(上下巻)で刊行されただけでなく、野崎歓によるバザン論を集成した『アンドレ・バザン――映画を信じた男』(春風社)と、バザンが1950年に初めて出版した単行本『オーソン・ウェルズ』(堀潤之訳、インスクリプト)も世に出るなど、バザン関連書籍の当たり年でした。

 ここに野崎歓『アンドレ・バザン』の堀潤之による書評(『週刊読書人2015年8月21日号)と、バザン『オーソン・ウェルズ』の野崎歓による書評(同2016年2月12日号)を転載します。

 なお、野崎歓『アンドレ・バザン』をめぐっては、野崎歓・四方田犬彦・中条省平の三氏による鼎談「映画論を超えた「事件」――バザンの潜在的可能性を顕在化させる試み」(『図書新聞』3218号、2015年8月8日)もあります。

 バザン『オーソン・ウェルズ』に関しては、他にも『キネマ旬報』1711号(2016年3月上旬号)の吉田広明氏による書評、『図書新聞』3273号の谷昌親氏による書評、『映像学』97号(2017年)の中村秀之氏による書評(リンク先のPDFで閲覧可能)もぜひご参照ください。



(J.H.)

2017/05/26

『アンドレ・バザン研究』第1号検討会のお知らせ

2017年6月6日(火)に、京都大学映画コロキアムの一環として、以下の通り、『アンドレ・バザン研究』第1号「特集=作家主義再考」検討会を開催します。入場無料・来聴歓迎です。お気軽にご参加ください。

京都大学映画コロキアム 
『アンドレ・バザン研究』第1号「特集=作家主義再考」検討会

2017年6月6日(火)18:15-19:45
京都大学吉田南キャンパス
吉田南総合館南棟334演習室

報告
大久保清朗(山形大学、Skype参加)、堀潤之(関西大学)、木下千花(京都大学)

コメンテーター
藤井仁子(早稲田大学)

概要
 2016年6月に山形大学人文学部附属映像文化研究所内に発足したアンドレ・バザン研究会では、その初年度の成果として、『アンドレ・バザン研究』第1号を刊行しました(発行=アンドレ・バザン研究会、編集=大久保清朗、堀潤之)。
 第1号は「作家主義再考」と銘打ち、「作家主義」に先だってアレクサンドル・アストリュックが発表した記念碑的批評「カメラ万年筆」論から、「作家主義」という言葉が初めて使われたフランソワ・トリュフォーの「アリババと「作家主義」」や、アンドレ・バザンが作家主義に対する留保を表明した長文論考「作家主義について」を経て、アンドリュー・サリスによるアメリカへの「作家理論」の導入まで、7本の論考の翻訳および解題(いずれも本邦初訳)を含んでいます。
 今回の検討会では、「作家主義」のフランスとアメリカにおける展開についての報告をふまえて、藤井仁子氏に「作家主義」の諸問題をめぐる包括的なコメントをいただきます。

2017/05/08

『アンドレ・バザン研究』第1号の刊行

 2016年6月に山形大学人文学部附属映像文化研究所内に発足したアンドレ・バザン研究会では、その初年度の成果として、『アンドレ・バザン研究』第1号を刊行しました(発行=アンドレ・バザン研究会、編集=大久保清朗、堀潤之、2017年3月31日発行、A5判116頁、ISSN 2432-9002)。


 内容は以下にみられる通り、1950年代の『カイエ・デュ・シネマ』誌において確立された「作家主義」la politique des auteursの先駆けからアメリカへの移植に至るまで、すべて本邦初訳により、古典的テクストを通覧するものになっています。各論考には解題も付されています。

大久保清朗「バザンの徴の下に――『アンドレ・バザン研究』創刊に寄せて」

[特集]作家主義再考
アレクサンドル・アストリュック「新しいアヴァンギャルドの誕生――カメラ万年筆」(堀潤之訳)
ロジェ・レーナルト「フォード打倒! ワイラー万歳!」(堀潤之訳)
アンドレ・バザン「ジャック・ベッケル『エストラパード街』」(角井誠訳)
フランソワ・トリュフォー「アリババと「作家主義」」(大久保清朗訳)
アンドレ・バザン「誰が映画の本当の作者か」(大久保清朗・堀潤之訳)
アンドレ・バザン「作家主義について」(野崎歓訳)
アンドリュー・サリス「作家理論についての覚え書き、一九六二年」(木下千花訳)

 以下、巻頭言より、各論考の内容に簡潔に触れた部分の抜粋です(強調引用者)。

 [……]「作家主義」の前史あるいはひとつの起源とされるアレクサンドル・アストリュック「新しいアヴァンギャルドの誕生――カメラ万年筆」から本特集は始まる。「カメラ万年筆」論として名高いこの宣言文は、映画が「思考を表現する」言語となるべきであると述べている。そしてロジェ・レーナルト「フォード打倒! ワイラー万歳!」は、スタイルの創造者として二人の監督を対照させながら、前者を「古典」時代の延長にすぎないとして退け、後者に「最新の傾向」を見出そうとする、挑発に満ちたエッセイである。
 それに続くバザン『エストラパード街』の映画評と、フランソワ・トリュフォー「アリババと「作家主義」」は、ジャック・ベッケルという同一の「作家」をめぐって、師弟関係にある両批評家の相互の立場を対照させつつ理解できる最適のテクストであろう。主題と演出との関係を重視するバザンに対し、あくまで演出の問題にこだわる弟子トリュフォー。後者の擁護顕揚において、管見では「作家主義」の語が初めて登場する。
 [……]バザンにとって「作者=作家」、あるいは「作家主義」とは何であったのか。その問いをめぐっては、二つの論考「誰が映画の本当の作者か」「作家主義について」を読まれたい。監督と脚本家のどちらに「作者」の資格が与えられるかという当時の議論の仲裁として書かれた前者と、「作家主義」の功罪に粘り強く省察を加え『カイエ』の若き批評家たちの行き過ぎを制止しようとした後者とでは、長さも、目的も、議論の歴史的パースペクティヴも異なる。だがそれだけにいっそう、バザンの批評に一貫する思考のスタイルを見出すことが可能なのではないか。
 最後に、唯一の英語文献としてアンドリュー・サリスの長篇評論「作家理論についての覚え書き、一九六二年」を置く。バザンの「作家主義について」を批判的に継承しつつ、「作家主義」を「作家理論」へと翻訳し、アメリカ映画の批評・理論の場に移植した、この試論の意義は大きい。 [……]

 続いて、編集後記の全文です。

 新訳『映画とは何か』(岩波文庫)に始まり、その訳者の一人でもある野崎歓氏による『アンドレ・バザン――映画を信じた男』(春風社)を経て、バザンの最初の単行本『オーソン・ウェルズ』(インスクリプト)の刊行で幕を閉じた2015年は、バザン関係の出版物の当たり年だった。その機運を逃さずに、2018年に迫ったバザン生誕百周年に向けてさらなる盛り上がりを組織するべく、私たちは2016年6月22日に、山形大学人文学部附属映像文化研究所内に、大久保清朗氏を代表とするアンドレ・バザン研究会を発足させた。「作家主義再考」を柱とするこの学術誌『アンドレ・バザン研究』第1号は、その最初の成果である。
 本号がもっぱら過去の文献の翻訳から成っていることに、物足りなさを覚える読者もいるかもしれない。だが、日本の映画研究においては、近年、(とりわけ外国語による)基礎的な文献を精読するという、人文学の根幹を成すはずの作業が、いささか蔑ろにされている傾向はないだろうか。しかるに、バザンをはじめとするフランス映画批評の文脈に限っていえば、まさに碩学というにふさわしい飯島正がアストリュックからゴダールまでの批評を通覧した『ヌーヴェル・ヴァーグの映画体系』全3巻(冬樹社、1980-84年)から、奥村昭夫による『ゴダール全評論・全発言』の渾身の訳業(筑摩書房、1998-2004年)に至るまで、日本はむしろその作業がたゆまず行われてきた国なのだ。そもそも、ダイジェスト版ではない4巻本の『映画とは何か』(小海永二訳、美術出版社、1967-77年)が翻訳されているのは、おそらく日本だけではあるまいか。
 本誌が慎ましい姿ではあれ翻訳と注釈という基礎的作業だけに専心していることには、こうした豊かな伝統にささやかながら連なろうとする決意も込められている。その決意に恥じないクオリティを担保するべく、本号ではすべての原稿に対して綿密なピアレビューを行った。個人的には、テクストの(時には細かな)解釈をめぐるやり取りを訳者の方々と交わす作業を通じて、テクストの襞に寄り添った濃密な読解ができたことを――願わくは訳者ともども――嬉しく思っている。繰り返しになるが、人文学的研究の礎はこうした地道な作業にあることを忘れてはなるまい。
 もちろん、テクストの着実な読解という土台のうえに、今後、独自の成果を積み重ねていかなければならないことは言うまでもない。来年度に刊行される予定の第2号では、本誌を単なる「バザン訓詁学」の孤塁とはしないためにも、未邦訳のテクストの紹介だけでなく、論考にも力を入れることになるだろう。同時に、狭義のバザン研究をより広い文脈と接合するために、国内であると国外であるとを問わず、研究会の会員以外からの協力も仰いでいく所存である。本誌がまもなく生誕百周年を迎えるバザンに対する読者諸氏のいっそうの関心を惹起できれば、編纂に携わった一人として、それに優る悦びはない。(堀潤之)
(J.H.)

『アンドレ・バザン研究』の入手方法

【11/9追記】。このエントリーに記載のとおり、残部僅少につき、本日(2017年11月9日)をもって『アンドレ・バザン研究』第1号の頒布は終了いたしました。今後、以下の手続きに沿って申し込みをしても、頒布しかねますのでご留意ください。

 『アンドレ・バザン研究』第1号は非売品で、国会図書館および一部の大学図書館を除いて、一般に流通しません。ご関心のおありの方には、残部がある限りにおいて、実費で頒布いたします。以下のいずれかの方法で、お申し込みください(※5/12に下記の文面を修正しました)。


1)『アンドレ・バザン研究』第1号を希望する旨のメモとあわせて、送付希望先の住所を記載し215円の切手を貼った封筒(A5判の冊子が入るサイズでお願いします)を同封のうえ、以下の宛先に送付してください。この場合、ゆうメールにて会誌を発送します。

2)『アンドレ・バザン研究』第1号を希望する旨のメモとあわせて、送付希望先の住所を記載したスマートレター(180円)を同封のうえ、以下の宛先に送付してください。

※宛先はいずれの場合も以下の通りです。
〒990-8560
山形県山形市小白川町1-4-12
山形大学人文社会科学部附属映像文化研究所内 アンドレ・バザン研究会

※出張等のため、発送まで10日間程度の期間がかかることもあります。また、授業期間外の場合、発送まで大幅に時間がかかることもあります。どうかご了承ください。

※5/12現在、スマートレターで入手希望を送ってこられ、こちらから冊子を送るためのスマートレターが同封されていないケースが散見されます。その場合、冊子の発送ができませんので、再度、申し込みをしてください。

※【5/15追記】。こちらの手違いにより、上記1)の方法で申し込みをした方に対して、一部、ゆうメールではなく定形外郵便物として返送してしまったケースがあります。その場合の送料は250円なので、到着時に差額(35円)を請求される可能性があります。大変申し訳ありません。もしそのようなかたちでお手許に届きました場合は、大変恐縮ですが、研究会メールアドレス宛に改めてご住所をご連絡いただければ、差額分の切手をご送付申し上げます(メールアドレスは右上「詳細プロフィールを表示」から「お問い合わせ」の欄をご覧ください)。

※残部僅少となった場合、このブログでも告知し、受付を中止します。
以上

アンドレ・バザン研究会について

 本研究会の目的と活動内容を、第1号の巻頭言から抜粋しておきます。

2016年6月22日に発足した本研究会は、アンドレ・バザン(1918-58)の批評を総合的に再検討するべく、山形大学人文学部(2017年度より人文社会科学部)の附属機関である映像文化研究所内に設置された。構成メンバーは、山形大学内外の10名の研究者である。バザンについての研究会と、会誌の発行を定期的に行い、そして将来的には公開の研究発表会、また海外の研究者・批評家を招聘してのシンポジウム・ワークショップ開催も視野に入れている。本誌はそれらの成果を発表する場とする。本号では翻訳テクストに集中したが、次号以降は会員を中心とした論文の掲載も予定している。それらを通じて、本研究会は生誕100年を目前に控えたバザンの映画批評の意義を問い直し、願わくば21世紀の映画研究と映画批評の領域において、わずかなりとも刺激をもたらさんとするものである。

 2017年4月現在での研究会会員は、以下の通りです。

アンドレ・バザン研究会(五十音順)
伊津野知多(日本映画大学映画学部准教授/映画理論、映像論)
大久保清朗(研究会代表/山形大学人文社会科学部准教授/映画史)
柿並良佑(山形大学人文社会科学部講師/現代フランス哲学、表象文化論)
木下千花(京都大学大学院人間・環境学研究科准教授/映画史、映画理論)
合田陽祐(山形大学人文社会科学部講師/フランス文学・芸術)
須藤健太郎(明治学院大学ほか非常勤講師/映画史)
角井誠(首都大学東京都市教養学部准教授/映画研究、表象文化論)
野崎歓(東京大学大学院人文社会系研究科・文学部教授/フランス文学)
堀潤之(関西大学文学部教授/映画研究、表象文化論)
三浦哲哉(青山学院大学文学部准教授/映画批評・研究、表象文化論)

(J.H.)